全国のNIPTを受けられる施設

大阪の新型出生前診断(NIPT)のおすすめ4選!特徴・費用など比較まとめ

 

お母さんの血液に含まれている赤ちゃんのDNA断片から、特定の染色体疾患を調べる新型出生前診断(NIPT)。

日本ではまだメジャーではないものの、全国各地のクリニック、病院などで調べることができるようになってきました。

そこでこの記事では、大阪の新型出生前診断(NIPT)おすすめ4選と題して、各クリニック、病院の特徴、費用などを比較してみました。

調べる内容は同じとはいえ、検査の精度、費用の高さなどは様々です。

ぜひ、最後まで読みながら、最適なクリニック、病院選びに役立ててください!

 

大阪の新型出生前診断(NIPT)のおすすめ4選!

東京中央美容外科 堺・江坂院(平石クリニック提携)

 

※7月11日放送の関西テレビ 報道ランナーに紹介されました。

東京中央美容外科(堺と江坂院)は、平石クリニックと提携しNIPT検査が受けられます。

堺院は堺東駅西口より徒歩3分、江坂院は江坂駅南口より徒歩4分とどちらもアクセスしやすい場所にあります。問診のあとすぐに採血してもらえるため、1日で済ませたい人におすすめです。また、夫婦同伴などの制限はないため、気軽に利用することができます。

万が一、陽性反応が出た場合、その後の羊水検査の費用は病院負担です。

近隣にあるかかりつけの病院で相談し、最適な病院で検査を受けることができるため、最後まで安心してお任せできます。

検査費用:18万円~
検査条件:妊娠10週目以降、年齢制限なし
羊水検査費用:陽性の場合、病院側が全額負担
検査結果:最短6日
検査項目:13,18,21トリソミー検査、性染色体検査、1~22番トリソミー検査、微小欠失検査
紹介状:不要
検査方法:採血
検査精度:約99.8%
住所:大阪府堺市堺区中瓦町2-23-29 瓦町ウエノビル5F、大阪府吹田市江坂町1-21-17 ESAKA松尾3F
診療時間:10:00~19:00
URL:東京中央美容外科(平石クリニック提携)

 

花園クリニック

花園クリニックは、年齢制限などの条件が少ないクリニックです。

妊娠10週1日~15週6日までとなっていますが、16週以降でも状況に応じて検査を受けることができます。

また、検査後のフォローも万全で、羊水検査を受ける必要があるときは、最大30万円まで費用を負担してもらうことが可能です。

とはいえ、交通費、宿泊費、診察費、ベッド代などは自己負担となるため、事前に確認しておいた方が安心できます。

なお、そのほかの診療科目は、内科 、 外科 、 リハビリテーション科です。

検査費用:18万円~
検査条件:妊娠10週1日目以降の単胎妊娠、双胎妊娠の方、年齢制限なし
羊水検査費用:陽性の場合、最大30万円まで負担
検査結果:最短7日
検査項目:13・18・21トリソミー、染色体異常、性別検査
紹介状:不要
検査方法:採血(10ml)
検査精度:99.6%~
住所:広島県福山市花園町1丁目3-9
診療時間:受診する病院によって異なる
URL:花園クリニック

 

奥野病院

奥野病院は、5,000件を超える検査実績を誇ります。羊水検査が必要となった場合は、費用を全額提供してもらうことが可能です。

それだけでなく、人工中絶手術にも対応しているため、全てのことを安心してお任せすることができます。

なお、担当する医師は産婦人科専門医です。NIPT以外の悩みも相談できますし、これまでに取り違えや紛争などは一切ないため、いざというときも不安を感じることはありません。

なお、その他の診療科目としては、外来、入院、がん治療などがあります。

検査費用:195,900円~
検査条件:妊娠10週目以降、年齢制限なし/単胎妊娠また双胎妊娠の方など一部は不可
羊水検査費用:陽性の場合、病院側が全額負担
検査結果:約10~12日後
検査項目:13、18、21番染色体、性別判定、モノソミーX(ターナー症候群)など性染色体の異常、全染色体検査、微小欠失検査
紹介状:不要
検査方法:採血
検査精度:99.9%
住所:大阪市阿倍野区天王寺町北2-31-4
診療時間:9:00 ~ 12:00(金曜のみ17~19時)
URL:奥野病院

 

クリフム夫律子マタニティクリニック

最新の機器で検査を行うことができるクリニックです。他院の医師からも高く評価されているため、検査の精度は高いといえます。

また、元々がマタニティクリニックということもあり、妊娠に関連するあらゆる悩みを相談することが可能です。

なお、検査の結果、陽性反応が出た場合、その検査費用はすべて自己負担となっています。他のクリニックよりも、トータルでかかる費用は高めです。

ただし、NIPT検査に限らず、妊娠から出産まですべてお任せしたいなら、クリフム夫律子マタニティクリニックが最適だといえます。

検査費用:胎児ドック初期39960円など
検査条件:妊娠11~13週目以降
羊水検査費用:169,940円
検査結果:1日
検査項目:13・18・21トリソミーなど
紹介状:必要
検査方法:採血
検査精度:90%
住所:大阪府大阪市天王寺区上本町7-1-24 松下ビル3F
診療時間:7時~(完全予約制)
URL:クリフム夫律子マタニティクリニック

 

大阪の新型出生前診断(NIPT)の認定施設一覧

大阪大学医学部附属病院

検査費用:約17万円
検査条件:妊娠10週以降、染色体疾患を持つ子どもを妊娠、出産したことがある方など
住所:大阪府吹田市山田丘2番15号
診療時間:8:30~15:00
URL:大阪大学医学部附属病院

聖バルナバ病院

検査費用:不明
検査条件:不明
住所:大阪府大阪市天王寺区細工谷1-3-18
診療時間:9:00~17:00
URL:聖バルナバ病院

国立循環器病研究センター

検査費用:総額20万円(税別)
検査条件:原則妊娠週数14週未満
住所:大阪府吹田市岸部新町6番1号
診療時間:毎週火曜日 9時30分~12時
URL:国立循環器病研究センター

関西医科大学付属病院

検査費用:約210,000円
検査条件:出産予定日の年齢が35歳以上、妊娠11週 ~ 13週6日
住所:枚方市新町2丁目3番1号
診療時間:遺伝カウンセリング/毎週 月曜日、水曜日、木曜日(時間は不明)
URL:関西医科大学付属病院

大阪母子医療センター

検査費用:約 19万円
検査条件:分娩予定日に35歳以上、11週0日~13週6日
住所:大阪府和泉市室堂町840
診療時間:月から金曜(時間は不明)
URL:大阪母子医療センター

 

まとめ

今回は、大阪の新型出生前診断(NIPT)のおすすめ4選についてお伝えしました。

正直なところ、どのクリニック、病院もNIPTの検査内容に大きな違いはありません。

違いがあるとすれば、検査項目の多さ、フォローの手厚さ、トータル費用の高さくらいです。

口コミや担当医の意見も参考にしながら、適切なクリニック、病院で検査を受けるようにしてください。

さっそく、問い合わせをして詳細を確認してみてはいかがでしょうか?

 

\まずはお近くのNIPTクリニックを検索/

-全国のNIPTを受けられる施設

Copyright© NIPTの手引き , 2019 All Rights Reserved.